アトピーってなに?原因は?

ただ単にお肌が乾燥してしまい、かゆみが発生して手で引っ掻いていたら肌荒れになってしまったといったケースは皆さんもよくあることだと思います。冬場は特に乾燥が激しく、ちょっとした時間の外出でもあっという間にお肌がカサカサになってしまうものです。しかしこれならばまだ良い方です。アトピー性皮膚炎の人は、常にそのかゆみと戦っているようなもの。スキンケアをしても薬を塗っても、それでもかゆみや湿疹が発生してしまうのです。

原因アトピー性皮膚炎とは、いわゆる乾燥肌とは少し異なります。乾燥肌が乾燥による肌への刺激がかゆみを発生させているのに対し、アトピー性皮膚炎では乾燥以外にもさまざまな原因によって皮膚が炎症を起こしてしまい、かゆみと湿疹が発生することになります。かきむしってしまうとお肌が荒れて跡も残りやすくなってしまうため、できればかゆみを我慢する必要があります。アトピー性皮膚炎はアレルギーと似ていて、特定のものに対して皮膚が過剰に反応してしまうという状態です。たとえば特定の食べ物を取っているだけでもアトピーが発生することもありますし、乾燥することも原因ですが、それ以外にも少し紫外線を浴びるだけでもすぐに湿疹が出てしまう、あるいは暑さからかいた汗や皮膚の汚れなどによっても発生してしまう可能性があります。まだまだ謎も多いアトピー性皮膚炎ですが、徐々に解明され始めてきていて、対処法もいくつか考案されています。当サイトではアトピー性皮膚炎におけるスキンケアの基本について紹介していきます。